PS Vitaが到着したので最初のレビュー

$30歳無職が沖縄か北海道に移住して再スタートしようと頑張るブログ

届きましたPS Vita。
出品者の方が素早く発送手続きを行ってくれた為予想よりも1日速い到着でした
通常は別売りのメモリーカード8Gも一緒だったので良かったです、
このメモリーカードがなんだかマイクロSDカードに似ています。
なんで新規格にしたのでしょう、SONYはいつもやることが分かりません。
さて、開封しまず思ったのが結構でかいんだなーっという事でした。
更に本体の割にボタン類が小さいです。
PSPに慣れている方や指の太い方は誤操作してしまいそうです。
さらにアナログスティックの指があたる部分がゴム(?)っぽくなっています
滑らなくて良いのかもしれませんがグリップが効き過ぎて負荷がかかるんじゃないかと
少し心配になります。
あ、あといつもの事ですが本体黒は指紋が凄く目立ちます。
外観はこれくらいにしていよいよ電源をONに、
言語設定や時間等設定してPSNアカウントの設定を行ったのですが
アカウント入力中にちょっとタッチパネルの反応が怪しい事に…
なんと言えば良いのでしょう、パネルを押してから文字が入力されるまでの
時間がだんだん長くなっていき最終的には文字入力他タッチして行う操作が
完全に出来なくなってしまいます。フリーズとはまたちょっと違うのかな?
押せど押せど反応せず、でもLRボタンでの位置送りは出来ます。
何かとタッチを使わされるのでこれは致命的です…
私はなるべく画面に触れたくないので(本末転倒)出来れば
HOME画面やアプリ、ゲームの終了はボタンで行いたいものです。
結局電源ボタンを長押しして強制終了し、再度設定を行いました。
設定終了後、初期ファームだから上のような謎フリーズ(?)が起きているのかと
思い、ファームを最新版(2012年2月現在)にしましたがその後も
Wifi設定中など、タッチで文字入力をしている最中に挙動が怪しくなり
同じ様にタッチ操作を一切受け付けなくなる自体に何度も陥りました。
これが悪名高いVitaのダメポイントなんでしょうか…
この後、仕事の帰りに購入したGRAVITY DAZEを少しプレイしたり
墨鬼の体験版をプレイしたりしてみました。
やはりGRAVITY DAZEは面白いです、数々の批判を目にしてもVitaを
買ってみた価値はあったかなーって思います。
しかもゲームを少しやった後何故だが上の謎フリーズが出にくくなった気がします。
色々ダメなポイントを書きましたが最後にまとめると
・フリーズというかタッチパネル反応しなくなるバグ(?)がきつい
・メモリカードの謎規格
・UMDが回らなくなった点はやはり静かで良い
・スリープからの復帰やアプリの終了等でいちいち画面をタッチするのが煩わしい

と、現段階では不満点がかなりあります
今後色々な改善やもっと沢山のゲームが出て盛り上がってくれればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です