iPhone 4S スリープボタンの故障と交換

先日仕事の帰りにiPhoneを触るとスリープボタンに違和感が…
あの独特の「カチ」っとした感じがまったく無くなっていました。
どうやら故障してしまったようです
幸い押されっぱなし状態にはなっておらず、全く押せないというだけで
動作自体には特に問題はありませんでした。
ですがやはり気になって仕方ないですしスリープできないと
バッテリー運用が難しくなってしまいますので早速ジーニアスバーを予約。
先ほど交換を終えて現在復元中です。
ジーニアス殿が私のiPhoneを持って本体が熱を持っている事を
気にしていましたが、ナビなんかを使うと前々からあれくらいは熱を持っていましたので
特に気にしてなかったですと告げ、5~10分程度で新品に交換して頂けました。
実は昨日iTunesにフルバックアップを取るときになかなかバックアップが取れず、
「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhone”***のiPhone”をバックアップ出来ませんでした。」
これが連発して2時間ほど時間を取られてしまいました。
iPhone側のアプリを全停止、Mac再起動等色々試したのですがなかなか症状は
改善せず、最後にこれかな?っと思ったので試して見ると1発で完了。
もしかしたら同じ現象が起きてしまっている方がいるかもしれませんので
私が成功した単純かつ盲点だった方法を書きます。それは
ケーブルの交換です
純正のケーブルは個人的に長さが足りないので社外製の長めのケーブルを
使用していたのですが、それが原因でうまくバックアップが取れていなかったようです。
もうすぐiPhoneの復元が終わりそうなのでまた少し設定作業など行いたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です