AUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタを買ってみた

AUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタ

macbook pro2016に変えてから自宅ではHooTooのハブを使用しています。これに関してはまたそのうちレビューを書いてみようと思うのですが、今回はAUKEY USB C to USB 3.0 変換アダプタに関して書きます。

まず何をするものなのか?

これは商品名のままです。macbook Proは2016年モデルから本体側にあるUSBスロットがType-cに変わったので今まで使用していた機器をそのまま使用する事がで来なくなりました。
その為このような変換アダプタを使用する必要があります。

以前他メーカーのものを購入していたのですが、今回は最近お気に入りのAUKEYさんの商品を試してみるのと以前購入したものとの比較を行ってみようと思います。
まずサイズですが写真のように以前の購入したものより若干大きいです。

転送速度などは殆ど違いがありませんでした。
個人的に気づいた点としては以下の2点です。

  1. 色がmabbook proと合う
  2. CHOETECH製の物と比較すると連結部分にガタツキが少ない

で、結局何が良いのか

殆ど差が無いように感じますが2のガタツキに関しては個人的にかなり助かっています。
私は外付けHDDに音楽データや写真データの保存先、TimeMachine保存領域を設けているので自宅での作業中はほぼ2台の外付けHDDを使用しているんです。
ですがCHOETECH製のものですとmacbook proを少し動かした拍子にこのHDDを指しているスロット(主に右側2つ)に負荷がかかりマウントが解除されてしまう事があったんです。

今回AUKEY製に変えてみた所、CHOETECH製よりもグラつきが減ったおかげかマウントが解除されてしまう事が少なくなりました。

見た目もサイズも若干の差しかありませんがこういう使用しないと分からない事も多々ありますよね。
今はAUKEY製は自宅で使用、CHOETECH製は常に持ち運び用として使用しています。