専門学校の広報担当者へ捧ぐ

専門学校の広報担当に読んで欲しい

私は以前、専門学校情報サイトを運営する会社に勤めていました。
どんなものかと言うと

専門学校を高校生やその他に紹介してサイトを介して資料請求をさせる

契約している専門学校からお金を貰う(年間契約や発生件数など契約により変動)

と、いう感じで運営をしておりました。
日本全国の専門学校を掲載…っと言う触れ込みでやっておりました実を言うと偏った地域の学校が殆どです。

それでも大手グループを捕まえたりするだけで年間での掲載費がかなり貰えますので地方は無視しても問題なしとして運営しておりました。
いや、言い方を変えると「大手専門学校のグループのおかげで運営出来ているサイト」です。

ここからが本題です。
基本的な契約は資料請求の数で毎年の年間契約料金が設定されているようなのですが、これに関して私はずーっと疑問に思っていました。はっきり言わせて貰うと広報担当者さんって分かってないなと。

と、言うのも今現在専門学校の情報サイトなんてそれはそれは沢山あります。
これに関しても私が在籍していた弱小零細企業から超有名企業が母体のサイトまでさまざまです。
このさまざまが100%行なっている事があります。
それは「広告による資料請求の獲得」です。
今の時代、ネット上に広告を出すなんで当たり前の行為ですよね、有名どころで言えばGoogleリスティング広告なんかも有りますし、ですが専門学校情報サイトが行なっている広告はまた少し違います。

ポイントサイト・ギフトコードを報酬に

現在主流になっているのが「資料請求をする事でなにかしらのポイントや報酬を獲得できる」です。
一昔前で言えばgleeやモバゲーのポイントであったり、最近ではLINEのギフトコードも多いですね。
これらを資料請求してくれた見返りとして送りまくっています。本当にびっくりするほど送りまくっています。
ここで広告担当者さんに思い返して欲しいのですが、不達になる資料や、資料請求数のわりには出願やイベント参加が少ないな…なんで思ったりする事はありませんか?

当たり前です。そもそも専門学校情報サイトは
貴校に通う気もなければ興味のかけらもない人間を資料請求が来たと言って紹介しているのですから。
しかも殆どが「10通以上の資料請求をした者に報酬」という感じになっています。
要するに貴校の資料はたかだか1,000円程度の報酬を得るために穴埋めとして使われているだけにすぎないのです。
おかしいとは思わないのでしょうか?営業マンに「資料請求数が少ない」と伝えた途端に不自然に資料請求数が増えたりする事に。

私自身も専門学校卒業者なんですが、私はたまたま知り合いに在校生がおり、その方のから色々話を聞いて入学を決めました。
専門学校さんはこのようなサイトに年間何十万、何百万もお金をかけるのではなく違った方法を探した方が良いのではないでしょうか。

私が在籍していた会社は代表取締役の意向で大手専門学校グループ(金づる)に対しては、毎年毎年データではなく死ぬほど見難いパンフレットからの情報入力代行や、手動での検索順位上げなどなど手厚く対応しておりましが、そうでない専門学校さんに対しては「行く価値もない」と言って訪問すらしていませんでした。掲載校なんですけど…。
それと、広報担当者さんと言いますか専門学校へのアドバイスになるのですが広報担当者はちょっこ可愛い女性がいいですよ。可愛いからという理由でかなり優遇されていた方も居ましたから。

実際やっちゃてるサイトはどこ?

どうしても気になる場合はどのサイトがやっちゃっているのかお教えしますのでお問合わせ下さい。
※ただこの件に関しては専門学校のドメインから送られたお問合わせのみ対応します。