交通事故に遭いました

お恥ずかしい話なのですが先日交通事故に遭いました

自分がバイク、相手がタクシーです。

用事を済ませて家に帰ろうと片側2車線の第一通行帯を走行中、第二通行帯を走るタクシーが客を見つけ突然第一通行帯に侵入し私と接触という感じです。
この記事を書いているので命に別状はありませんでしたが、バイクはフロント部分大破、私は右肩、右足に打撲とその他複数の擦過傷を負いました。

現在は自分の保険会社、相手タクシー会社の事故担当と示談に向けて協議中です。
前置きはこれくらいにしまして、今回事故に遭い色々な事を知ることができたので同じように事故に遭われた方の為に情報を残しておきたいと思います。

  1. 事故発生
  2. 事故原因
  3. 怪我の程度
  4. 相手への請求
  5. 知らないことだらけ
  6. 最後に

事故発生

先に少し書きましたが、今回私用を済ませ帰宅中にタクシーの割り込みに遭いそのまま左後方に衝突、「あ、避けられない」と思った瞬間に景色が物凄い速さでまわり気がついたら道路上に倒れていました。

事故原因

これはもう完全にタクシーの後方不注意です。客を拾おうとした車線変更でウインカーも無し、もしくば同時(見えませんでした)後日警察に調書を作成しに行った際に「予測出来なかったの?」や「避けられませんでした?」みたいな感じの事を聞かれたのですが、予測できたのなら普通事故に遭ってませんよね。

何が楽しくて大事なバイクボロボロにして右肩〜右腕を怪我しないといけないんですか…。

怪我の程度

当日救急車で緊急搬送され、色々とレントゲンを撮ったのですが骨折等はなく打撲で全治10日という診断でした。
その翌日、改めて最寄りの整形外科で受診したのですが骨に異常がなくても筋や筋肉などにかなり影響が出るとの事で腕の動かせる範囲など見ていもら次週再度受診する事になりました。

相手への請求

さて、ここからが本題です。
私は勿論任意保険に加入しているのですが、保険会社の担当者からこのようにお聞きしました。

「(相手) 10:0 (自分) の場合保険会社は間に入れない」

どうやら保険会社というのは自分の過失割合が0の場合は間に入ってくれないそうです…、その場合は自分で相手と交渉を行うか自分で弁護士を立てて交渉を行うかになるそうです。
今回、私の気持ち的には10:0どころか100000:0です、ですが自分で交渉など行うとなると事故処理に慣れた相手タクシー会社の担当に良いようにされてしまう予感がしたので、グッと拳を握りしめ、示談交渉では自分の方にも過失割合が発生する事を受け入れました。

そんなこんなで今回人身事故になり私が相手に損害として

慰謝料

・入通院慰謝料

医療費関係

・入通院治療費
・入通院交通費
・診断書等費用、その他
※交通費に関しては徒歩圏内の整形外科へ通うので請求はありません。

それ以外

・バイクの修理代金(中古相場の平均値段が限度だそうです…事故車になってしまったのに)
・装飾品等の破損分
・休業損害

今の段階では、ですが今回事故にあって色々知ったのですが相手に請求できるものって沢山あるんですね。
まだまだ身体は治っていませんし、仕事も全て止まっていますので今後少し変わってくるかもしれません。

知らないことだらけ

実は相手タクシー会社は最初に事故の賠償について話した時に「医療費」と「バイクの修理費」以外に関しては一切触れてきませんでした。
なので私も「休業損害」と「慰謝料」の事は完全に頭から抜け落ちておりまして危うく請求を忘れる所でしたよ。自分の保険会社担当から言われて気づき、きちんと相手の請求行う旨伝えました。

これはバイク自体には関わりのない賠償請求だそうで保険会社さんが相手に告げる事ができず、自分で意思表示しないといけないとの事でした。

普通に生活をしていれば事故にあう事なんてほぼありませんので、このような事を知らない方が大半だと思います。なので事故にあった場合は保険会社、もしくは詳しい友人に助言を求めてみて下さい。

最後に

最後にこれだけは言わせて下さい、皆さん絶対に

「任意保険には加入しましょう」

何か進展はありましたらまた書きます。