フリーランスは子供を保育園に入れる事ができるのか 〜アドバイス・注意点編〜

フリーランスでも子供を保育園に入れる事ができました

前回、「フリーランスは子供を保育園に入れる事ができるのか 〜必要書類編〜」を書きました、今回は続きで申請にあたりアドバイスを注意点を簡単に書いてみたいと思います。

※お住いの地域によってかなり差がありますので、何か不明な点があれば遠慮せずにガンガン役所に問合せしましょう!

  1. 申請書類の提出等は自分でやりましょう
  2. 嘘を書くのは辞めましょう
  3. 無駄な行動を控えましょう
  4. ちょっとした裏技
  5. 最後に

申請書類の提出等は自分でやりましょう

役所に書類を提出したり、何か分からない事を問い合わせる場合はフリーランスとして活動を行っている本人が行いましょう。書類に不備があったり、活動について役所から聞かれたりしてもその場できちんと正確に答えられた方が良いです。
実際私も何点か確認された事があり、もし奥さんに提出をお願いしていたら分からなかっただろうなという事がありました。

嘘を書くのは辞めましょう

最近は保育園戦争とも言われるくらい競争率が上がっていますよね、少子化と騒がれているのに…共働きの家庭が増えていると言う事ですよね。
そんなこんなで皆さん是非とも第一希望の保育園に入れたいと思っているでしょう、自分もそうでした…。なので中には申請書類に嘘を書いてしまう方がいるそうです。

ですがそんな事をしなくてもちゃんとお子さんを入園させる資格がある方はきちんと書類を揃えて公平に審査をして貰いましょう。

無駄な行動を控えましょう

保育園利用申請の準備中に、最寄りの児童館にてこんな話しを耳にしました。

「嘆願書を書いて役所に出すと受かりやすくなる」

実際の効果は分かりませんが、私はこんな事をしてもなんの意味もないと思います。嘆願書なんかで入園確率を上げられるのであれば全家庭が書きます。また役所に出向き窓口でご家庭の事情を担当者に伝えても全く持って無意味です、担当者はそんな事全く気にもしません。

ちょっとした裏技

※例なので点数の加算方法などは目安にしてください。

保育園利用申請に際に基準となるのが点数です。これはお住いの地域によって算出方法がことなってくるのですが、
共働きの場合フルタイムで働いているかどうか、また労働時間や収入などを元に計算を行いそこから出る点数で入園可能かどうかが決まります。

基本的に両親共にフルタイムで働いていればその部分は満点の10となります。

私の地域では前年度に何点の家庭がどれだけ申請を行ったか見られました。
皆さん満点が多いのですが、加点されるものがありますそれが

  • 生活保護を受けている事
  • 片親である事
  • 兄弟が申請する保育園に入園済である事
  • 有料の保育施設に子供を預けている事

その他にもあると思いますが覚えているのはこのあたりです。
この中の上3つはやろうとしても無理ですよね、狙って出来るものではありません。ですが最後の「有料の保育施設等に子供を預けている事」は、勿論生まれた時期などによって出来ない場合もありますが、やろうとすればできてしまうんです!

なので私のまわりには点数を上げるためだけに一時的にこれを行っているご家庭がありました、その後希望通りの保育園に入園出来たかどうかは謎ですが…あくまで都市伝説レベルで捉えて下さい。

最後に

我が家での保育園戦争を元に色々書いてみましたが、このようにフリーランスでもきちんと申請を行えばお子さんを保育園に入園される事ができます。

因みに私は自宅兼職場となっていますので、個人事業主になる時に職場の住所を自宅にしました。勿論、保育園利用申請を行った時も職場は自宅にしました。
私の地域ではそれもちゃんと職場とみなされ点数をマイナスされる事がありませんでしたが場所によってはダメな場合もあるようです。
その場合はヴァーチャルオフィスを一時的に借りるのも良いのではないでしょうか。

このように地域により細かい部分に違いがありますので、不明な事はガンガン問合せしましょう!聞くだけならタダですし聞かれるのは役所の仕事です。