セリア インテリア木製ウォールラックをちょっとカスタム

インテリア木製ウォールラック

結構色々な方がやられているかと思うのですが、自宅近くにセリアがある事が発覚したので人気のインテリア木製ウォールラックを買いに行ってみました。

予想していたよりも小さかったので店内でなかなか見つける事が出来ませんでしたがなんとか発見、今回はインテリア木製ウォールラック2個とインテリア木製ウォールラックフック付き1個を購入、早速自宅へ戻り加工作業に。

妙なニス

自宅へ戻り、改めて商品を確認してみると変な色ですねこれ…
元々カスタム前提で購入しましたので問題ないのですがこれをそのまま仕様するのはちょっと抵抗があります、更に言うと100円(税別)だけあって所々木がささくれていたり、フックをかけるための金具をとめてあるネジが曲がって入っていたりなどなど品質はかなり低い方だと思いますので、購入を検討している場合は色々ご注意を。

早速作業へ

インテリア木製ウォールラック 金具はずし

このまま塗ってしまうと仕上がりが汚くなってしまいそうだったので外せそうな金具を外しヤスリがけを行いました。

まずサンダーでざっと全体にヤスリがけを行ってからサンドペーパーで細かい部分をヤスリがけ、何番を使用したかは忘れてしまいました。

BRIWAXを塗る

さて、全てのヤスリがけが終了したら次は塗りです、私はBRIWAX(ウォルナット)を使用しています。

BRIWAX 全て塗り終わり

全て塗り終わりました。このあと暫く放置して磨き→ブラッシングと通常の作業を行います。
塗りの際にスポンジなど使うと良いと思います。

BRIWAX 磨き→ブラッシング後

磨きとブラシングをしっかり行う事で風合いとツヤが出ます。また色に関しては使用するカラーにもよるのですがウォルナットは元々暗めの色ですので1度塗りでこの色になっています。

仕上がりを設置

インテリア木製ウォールラック フック付き BRIWAX使用後

フック付きが玄関に設置し認印と自転車の鍵を置く場所にしました。
元々は右に見えているガラスに吸盤のフックを付けていたのですがこれがたまに落下するので嫌だったんですよね。

インテリア木製ウォールラック BRIWAX使用後
インテリア木製ウォールラック BRIWAX使用後

残りのものはトイレに設置しました。我が家はトイレが階段の下なので突っ張り棚など設置できずデッドスペースになっていましたのでこれでいい感じになったのではないかと思います。

 

作業後に色々思ったのですが、ワトコオイルのホワイトを使っても良いものが出来そうだなっと思いました。
100均カスタムは低コストなのでこれからも暇を見つけてできたらなーっと思います。